<< 散歩にて | main | 赤ちゃんのいる暮らし >>

義理チョコ一個で思うのは

昨日、早めの義理チョコを一個、夫がもらってきました。

今年はバレンタインデーの義理チョコには、ちょとした論争が起こっていますよね。

目新しい事にはわっと注目が集まって、だんだんエスカレートしていく中で、揺り戻しみたいに批判的な意見が出ながら、いつかほどほどの着地点を見つけていくのが世の常^^という感じですね。

バレンタインしかり、恵方巻しかり、ついでに言うとゆとり教育しかり(うちの子たちはまさにそのスタートの時期でした)、ハロウィンはまだ着地点が定まりきっていないかな?

何かがスタートすると、しばらくはバーッと走り抜けて行って、いつの間にか行き過ぎてしまって、後戻りを余儀なくされる、ということはよくあることのような気がします。

何か事を始めるにあたっては、スタートの時点で程よい着地点を見極めるのは相当難しい事だと思います。過去に例がなく新しい事であれば、それは当たり前といえば当たり前のことなのだと思いますが、それが行き過ぎているかどうかを判断する、言わば”バランス感覚”を見失わないようにしたい、ということを時に考えます。

今の仕事にも通じるところがあると思うのですが、一つの方向からのみ突き詰めていくのはいつか行き過ぎにつながる場合も出てくることがあるかもしれません。なるべくいろいろな方向からアプローチできるようなバランス感覚を忘れずにいたい、と思うのです。

 

| - | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.ateliersophia.jp/trackback/762

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--