心の揺れ

先日あるエッセイを読んでいたら、60歳を過ぎても心の”揺れ”があるということが書かれていました。

そしてそれは心の内側で何かが起こり、前に進むための”揺れ”だから、むしろ大切な時なのだと書かれていました。

 

確かに若い頃に比べて、心が乱れたり揺れたりすることはずいぶん少なくなってきたように思います。むしろそんな揺れがなくなることが人として老成することだと考えていたし、揺れることはまだまだ自分の未熟さによるものだとさえ思っていたため、意表をつく考え方でした。

ちょっとした行き違いで落ち込んで、そのまましばらく引きずってしまうということありますよね?大したことではなくてもそれが引き金になって、ネガティブな感情に必要以上にとらわれてしまうということも珍しくありません。それをただただマイナスな事と捉えるのではなくて、何か前に進むための変化の時と考えられたらいいんでしょうね。ジャンプする前に腰をかがめる動作が必要なように。。。

年を重ねていくことは、揺れや迷いがなくなっていくことだ、と思っていたけれど、まだまだそれらに振り回されているということは、まだ前進の余地が残っているということも言えるのかもしれません。

 

 

| - | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ちょっと立ち止まって

きょうの予約は後日に変更になりました。久しぶりのオフで、朝からものすごい嵐だったにもかかわらず^^、午前中は気になっていた繕い物や片付けをやってしまいました。

身内が4,5日の入院をしていたため、普段の生活に病院通いが加わり、ここ数日、本当に忙しい日々でしたが、今はやっと元の生活に戻りました。忙しくしていると、いろいろなことで流されそうになりますね。まず食生活と睡眠がまあ、いいやという気持ちになってきますね。でも健康的な素肌のためには一番欠かせないことなのに。。。

遅く帰って来ると、きちんとした食事を取るよりも一刻も早く寝たいと思ってしまうし、無理して食事をしっかり取ろうとすればその後すぐには床に就くのは難しくなります。

規則正しい生活と食事と睡眠をきちんと取ることを心がけてください、と、お客様にはよく言っていますが、言うは易く行うは難しですね(^^ゞ。私も普段は心がけていますが、普通に生活していても無理をしなければならない時はよくありますしね。

 

そろそろ夏の疲れも出てくる頃ではないでしょうか。体や心の疲れはお肌の疲れにもつながります。ストレス発散と休養は時には相反するようでもありますが、上手にバランスを取って、今自分に必要なのは何か、ちょっと立ち止まって考えてみるのも悪くないかも、です。

| - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏模様

先日、東京駅近くで凍らせたチョコのかき氷を食べました。美味しかったなあ〜。

考えてみると今年は夏らしいものをほとんど食べていない気がします。スイカも確か一回くらいしか食べていないし、とうもろこしはまだ一度も食べていません。ウナギもメロンも食べてないので、先日のチョコのかき氷がとても夏らしいものに感じられました。

 

小学生の頃はひと夏が永遠に感じられるほどに長かったのに(特に夏休みの始まったばかりの頃)、今は夏が来た!と感じる間もなく、季節が過ぎていく感じですね。そう、大人になってからの夏模様はどこにあるんでしょうか?まだちっとも夏を満喫していないのに、きょうなんてもう夏の盛りは過ぎたようなはっきりしない曇り空でした。このまま夏は過ぎて行ってしまうのでしょうか?子供の頃とは違い、海や山にいく訳でもありませんから、ホント、食べ物くらいでしか夏を感じることはできませんね。思わず井上陽水の少年時代を口ずさみ、感傷に浸ってしまいました^^。

 

そして明日からの雨模様に備えて、夕方からの日差しを頼りにまた洗濯機を回したのでした。

 

| - | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

これも暑さのせいかしら?

あまりに暑いせいなのか、イライラした言葉に出会うことが多くなったような(^^ゞ。

先ほども図書館に本を返しに行ったら、ちょうど閉館時間になってしまって、どうしたものやら迷っていたら、警備員さんに

「そこ読んで!」

と入り口のガラス窓を指さされました。私は窓に張ってあるいろいろな掲示物をしばらく読んでみたのですが、なんだか関係ない事ばかり書いてある。しかたなく警備員さんのほうをもう一度見てみたのですが、知らんぷり。閉館時間で忙しいというならまだしも、そこに立っているだけなのだから、も少し親切に教えてくれても良さそうなものなのにな・・・。

恐る恐るもう一度声をかけてみたら、またそこ読んで、と言われました。その指先は先ほどよりもちょっとまがったような気がするので、そのガラス窓のもう少し先を見てみたら、そこに閉館時の返却のための郵便受けみたいなのを発見しました!よくレンタルビデオ屋さんで営業時間外に返却するときに使われるのと同じようなものです。

最初の時に<返却ボックスは窓の外側にあるので、注意を読んでから入れてください>とか、なんとか言えないのかなあ。というか、明らかに勘違いして窓の掲示物を見ている段階で声をかけてくれても良さそうなのに、そこは公営施設だから甘えちゃいけない?(^_^;)のかしら。

似たようなことで、なんだか最近ちょっとした他人のイラつきを垣間見ることが増えたような気がしているのですが、これも連日の暑さのせいなのかしら?と、ちょっとした怒りマークを出してる自分を反省するこの頃です^^。

| - | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏らしく

7月の始め頃、雑貨屋さんで見つけて勇んで買ったジェリーボール。これで夏らしさを演出してみようと3色も買ったのに、すっかりそのまま忘れ去られていました(^_^;)。一緒に買った友人からのメールで思い出して、昨日さっそく作ってみました。

チアシードみたいなツブツブを水に4〜5時間つけておくと、膨らんで直径1.5センチくらいの透き通ったボールが大量に出来上がります。それをガラスの花瓶に下から、青、透明、赤の順番に詰め込んでみました。光が当たると一つ一つが反射してキラキラと輝いてとても涼やかに見えます。そこに今回は梅雨も明けたところで、これまた夏らしいひまわりを挿してみました。

いやあ、本格的な夏がきましたね〜。

 

| - | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

夏の始まり

やっときょう梅雨が明けたようですね。

 

きょうは午前中のみのお客様で、昼からも洗濯をしたため、昨日のお客様の分とも合わせ現在、大量のタオル類が洗濯物としてはためいています^^。夏だと昼からでもお天気さえ良ければカラッと乾くので気持ちがいいですよね。どうも外干しが好きなうえに、柔軟剤はあまり好きでないので、どうしてもタオル類はすぐにゴワゴワになってしまいます。ふわふわタオルが好きな人にはごめんなさいです(^^ゞ。

 

7月もあと数日を残すのみとなりました。先日高校野球の応援の帰りにそのままいらしたお客様は、その日の試合は負けてしまったそうで、これでこの夏も梅雨明けを待たずに終わり、という感じでした(+_+)。残念でしたね。

 

そして私はというと、あと一か月ちょっとに迫った発表会に向けて、いよいよ自主練なるものも始まる予定で^^、これから熱い夏がスタートします。

| - | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

その情熱は。

寝苦しい夏の夜がやってきました。昨夜はこの夏初のエアコンをつけたままの就寝となりました。

 

そうなると朝もハヨから目が覚める訳ですが^^、ウチの窓からはある有名なラーメン屋さんがよく見えます。先日の土曜日も朝早くから、そのお店の建物をぐるっと取り囲む形で行列ができていました。今まで私は気にも留めなかったので知らなかったのですが、夫によるとどうやら毎週行列ができているらしいのです。朝早いと言っても、夏の直射日光とアスファルトの照り返しが当たる所に朝から何時間も並んで待って食べるラーメンのお味はどんなものなのでしょうか?興味が湧くも、そこで待つほどの情熱は私には湧いて来ません。

でもそれでも食べたいと思う情熱と愛があることが大切!(^^)!、という気がします。暑いのにホントご苦労様、と冷ややかな目で切り捨ててしまえばそれでなんでも終わってしまいます。そこに情熱と愛があるならそれはむしろ幸せなことで、まず汗を流して取り組んでみたほうが楽しそう。

 

他人に迷惑をかけないのは大前提になりますが、自分が興味を持てること、そしてさらに情熱を傾けることができるものがあれば、それは本当に人生を豊かにしてくれることだろうと思います。そこで他人の目を気にせずに打ち込めたらさらに充実した時を過ごせそうですけど、なかなかそこの境地にまで達するのは難しいですね(^^ゞ。

それに、まずそんなのそう簡単に見つからないわよ、とも言われそうですが、まずは好きな物をゲットするために行列に並ぶ、でも良い気がします。苦労して手に入れた物ほど嬉しさも倍増ですからね。

まさに、朝早くからラーメン屋さんに並ぶように。。

| - | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

なんか他にもあったかな?

引換証を握りしめて恐る恐る店の奥に入っていき、

「受け取りに来ました。」

と引換証を手渡すと、相変わらずの愛想の無さで、店主はすぐ横の壁にかかっていたビニール袋をカウンターの上に置きました。

それは見慣れた近所のスーパーのビニール袋でした。私が中を見ていいのか少し躊躇していると、おじいさんは袋から靴を片方だけ取り出して見せました。出来上がりをチェックしてもらうために靴を取り出して見せたのだと思ったので、私は入念に確認しようとしたのですがそんな暇は与えられず^^、さっさと靴を袋に戻して手渡されました。

チラッと見た感じでは良く修理できているように見えたのですが、なんだかあっという間で仕上がり具合も良く分からないままなので、ここでお礼を言っていいものやら、、、迷ってもじもじしていたら

「2000円ね。」

と言われてしまい(笑)、考える余裕もなく代金を支払ってそのまま店を出てきてしまいました。

 

家に帰ってもう一度よ〜くチェックしてみたら、これがなかなか良い感じの仕上がりになってました!履いてみた感じの違和感もなく、むしろ履き心地はアップしたような。こんなことなら、もっときちんとお礼を言ってから受け取れば良かった〜と後悔してしまいました。

それなら、家の下駄箱にある靴で、修理してもらえるようなのは何か他になかったかな?と考えてみたのですが、靴に関してはどこか傷んでしまうと、それが買い替え時と思ってしまうため、修理するという発想があまりなかったということに気が付きました。

それにしても、他にも何か修理できる靴はなかったかなぁ。

| - | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

愛用の靴

フラメンコシューズは結構ヒールの高さがあるので、それを履いて激しい動きをするとなると、足に合うものでなくてはなりません。始めのうちは多少当たるところがあっても、何年も履いているうちにだんだんと足に馴染んでくるということもあります。ちなみに今の靴は7〜8年は使っています。なので、今の靴を買い替えるかどうか、ずいぶん前から迷っていました。

見た目はまだ大丈夫そうなのですが、内側の皮がはがれてきていたり、擦り切れてきている所もあるので、このままでは時間の問題だったのです。もうすぐ発表会もあるし、そこで靴擦れなんてことになったら最悪だしなあ。。。

その時、私の中には買い替えの時期をいつにするか、という考えしかなかったのですが、、、ふと見ると、

「靴の修理、引き受けます。」の看板が目に入りました。

それは最近よく駅の構内とかでも見かける小さな靴の修理屋さんではなくて、商店街の中にひっそりとあって、靴はとにかくたくさん置いてあるけれど、お客様は一人も見当たらず、さらに中を覗くとカウンターの奥に暇そうに腰かけている店主らしきおじいさんの姿が見えるだけでした。

私はそれから数日の間、その店の前を通るたびに何気なく中を窺ってみました。その間、たぶんその店にお客の姿を見たのは私の記憶する限りにおいては一度だけでした。それも買い物というよりは店の店主と何やら話し込んでいるようにも見えました。

 

そこに私の大事な靴を預けてはたして大丈夫なのか?心配性の私はさらに数日迷った末に(笑)、思い切ってそのお店に修理に出してみることにしたのです。

その靴の受け取りは明日。サロンのお客様を見送ったついでに、きょうもお店をちらりと覗いてみましたが、相変わらず店主のおじいさんは暇そうにカウンターの奥に腰かけている様子でした。

さてさて、明日はどうなっていることやら(^^ゞ。

| - | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初夕立

この夏、初の夕立がきて、外では先ほどからゴロゴロと雷の音がしています。

 

夕方、施術が終わる頃には西の空が暗くなり始めていました。雨に降られてしまうのが心配だったので、お客様のお帰りを急がせてしまいました(^_^;)。でも、結果的にはそれで正解だったようで、ほどなく雨が降り出して、窓から通りを見下ろすとカラフルな傘の花が開いて、歩道を賑やかに彩っていました。

今年の夏は暑くなると予想されているようですが、夕立も多くなるのでしょうか?

 

と考えているうちに、黒い雲は東の方に移動していったようで、またちらほらと青空が見え始めました。

| - | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--